メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

小学生が瞑想体験

阿字観体験をする子どもたち=和歌山県高野町で2019年7月27日午前10時3分、山田尚弘撮影

 高野山(和歌山県高野町)で開かれている第13回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)3日目の27日、参加の小学生60人は真言密教の瞑想(めいそう)法の一つ「阿字観(あじかん)」体験をした=写真・山田尚弘撮影。仏教の“聖地”で厳かな空間を体験し、満足そうだった。

 阿字観は「阿」の梵字(ぼんじ)を見つめ…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文314文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです