メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

劇団☆新感線

本格時代劇 9月に博多座で39公演

(左から)いのうえひでのり、古田新太、須賀健太

 <日曜カルチャー>

 「劇団☆新感線(新感線)」が旗揚げ39周年を記念した39(サンキュー)興行で、9月6~23日、博多座に初登場する。作品は「いのうえ歌舞伎《亞》alternative『けむりの軍団』」(作・倉持裕)。新感線を主宰し、演出を手掛けるいのうえひでのり(福岡県出身)は「あこがれの劇場で公演が実現できて幸せ。舞台ではめったにない本格的な時代劇を見てほしい」と話す。【渡辺亮一】

 主人公の浪人、真中十兵衛(古田新太)は、軍配士としてさまざまな主君に仕え、大名の目良(めら)家と戦…

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文927文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです