メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

あなたの名前を呼べたなら 階級の隔たりと性差別、空間と言葉の抑制で

 ヒロインは住み込みのメイド、雇い主の青年アシュヴィンはハンサムで心やさしい。だから当然のように身分と階級を超えた恋物語になるんですが、型どおりのシンデレラストーリーとは正反対に、至って渋い。その渋さのなかにインド社会の姿が見えてきます。

 地方の村から大都市ムンバイまでやってきたラトナが働くのは、街中にそびえ立つような高層マンション。住まいは広々とした贅沢(ぜいたく)なマンションのごく小さな一角です。まだ19歳の時結婚しましたが、夫が病死したため、新婚4カ月で寡婦。今はメイドをしながら妹の学費を仕送りする毎日です。

 いまメイドと書きましたが、ラトナの仕事はメイドとか家政婦などと言うよりも、身分差別を伴う言葉であることを承知で使うなら、召使とか女中と呼んだ方がぴったりくるもの。雇い主との間には身分の違い、住む世界の違いがあるんです。

この記事は有料記事です。

残り1299文字(全文1669文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです