メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スッポンの赤ちゃん 毎日100匹誕生 温泉利用の養殖場 岐阜・高山

次々と誕生するスッポンの赤ちゃん=高山市奥飛驒温泉郷一重ケ根で、大竹禎之撮影

 岐阜県高山市奥飛驒温泉郷一重ケ根の温泉を利用した養殖場で、スッポンの産卵、ふ化が最盛期を迎えた。連日100匹ほどが次々と誕生している。

 養殖場は、「奥飛驒ガーデンホテル焼岳」が地元の名産品を作ろうと、ホテルの敷地内にあった魚の養殖場跡を整備。温泉水を使用して、現在は約2万匹を飼育し、年間約1万匹を出荷する。

 「源泉掛け流し」を利用することから、一般の養殖場より水が汚れにくいのが特徴。そのため、病気の発生も少なく、餌に抗生物質を混ぜる必要もないことから、品質の良さに注目した関東の有名ホテルの料理店からも納品依頼があるという。

この記事は有料記事です。

残り135文字(全文400文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 共通テスト、公民で出題ミス 視覚障害者向けの問題冊子で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです