東京発おもてなしの絵文字進化へ 五輪まで1年 AI広げる多言語対応

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京タワーについて説明する通訳案内士の斎木春美さん=東京都港区で2019年7月19日午前9時15分、松本惇撮影
東京タワーについて説明する通訳案内士の斎木春美さん=東京都港区で2019年7月19日午前9時15分、松本惇撮影

 外国人のタクシー運転手、駅にはAI(人工知能)ロボット――。世界中から選手や観客が集まる来年の東京五輪・パラリンピックを控え、多言語対応が進んでいる。一目でわかるピクトグラム(絵文字)も進化。大会を機に、日本語がわからない観光客や多様な人が訪れやすい街に変わろうとしている。

外国人運転手を積極募集

 「五輪期間中は忙しくなる。今から会場の場所を調べて研究しています」。日の丸交通(東京都文京区)のカナダ人運転手、リプソン・アレクサンダーさん(35)は流ちょうな日本語で笑顔を見せた。

 2006年に外国語指導助手(ALT)として来日。12年間、静岡県内の公立学校で英語を教えていたが、観光業界への関心が強まり、永住権を取得後に転職を決めた。入社から間もなく1年。最近はほぼ毎日、外国人の乗客に行き当たる。観光名所や日本文化について聞かれ、英語による会話が弾むことも。「外国人が何に関心を持つのか分かるのはアドバンテージ(強み)」と胸を張る。

この記事は有料記事です。

残り2650文字(全文3069文字)

あわせて読みたい

注目の特集