勝負どころで緩急 開幕投手・中日の笠原がよみがえった

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ○中日4―2DeNA●(28日・ナゴヤドーム)

 不整脈による約3カ月の戦線離脱を経て、中日の開幕投手・笠原がよみがえった。21日に1軍復帰してから2度目の登板だった先発左腕は6回2失点の好投で4月19日以来となる今季3勝目。「やっと勝てた」と喜んだ。

 勝負どころで緩急を使った。1点差に追い上げられた直後の六回1死一、三塁、DeNAの4番・ロペスを迎えた。初球は外角直球でボール。次に選んだのは得意の緩いチェンジアップだ。タイミングをうまく外して、三ゴロ併殺打に仕…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文583文字)

あわせて読みたい

注目の特集