メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ラグビー協会の清宮副会長、21年のプロリーグ発足構想を表明

記者会見でプロリーグの構想について説明する日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(左)と境田正樹理事=東京都千代田区で2019年7月28日午後6時4分、谷口拓未撮影

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(52)は28日、東京都内で記者会見し、国内プロリーグを2021年に発足させる構想を表明した。ワールドカップ(W杯)日本大会の12会場を本拠地とするチームをつくる考えで、トップリーグ(TL)のチームなどと交渉を進め、11月のW杯閉幕までに実現の可否を結論づけるとしている。

 TLの運営はチケット販売などで収益を確保できず参加企業の資本に頼っているのが現状で、日本協会も今年…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです