メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

クルマ好きが大好きな高性能素材「チタン」が広まらない「コスト」以外の理由とは

情報提供:カートップ

クルマ好きが大好きな高性能素材「チタン」が広まらない「コスト」以外の理由とは

万能な金属のように思われるがじつは……

 チタンというのは、自動車にも使われ、チタンボルトやチタンマフラー、エンジンに詳しい人ならチタンリテーナーというのもご存知だろう。

 チタンというと、ロケットなどの宇宙関係でも使用される夢の素材的なイメージがあるし、だからクルマでも珍重されるところはある。しかし、いつまで経っても広まらないというか、一部のパーツにとどまっているのはなぜか? 価格が高いからと思うかもしれないが、じつはチタンというのはそれほど万能な素材ではないのだ。

チタン

 万能でないと聞くと驚くかもしれないが、素材としての特性をまず見てみると、壊れにくさを示す指標の「引張強さ」でみるとボルトなどに使われるチタン合金は鉄の倍。ステンレスと比べても2倍弱ととても硬い。ちなみにマフラーなどに使われる純チタンとなると鉄と同じぐらいだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです