メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

[試乗]販売好調の新型Bクラス! スペック以上のキビキビ感と悩ましい走りの質感

情報提供:カートップ

【試乗】販売好調の新型Bクラス! スペック以上のキビキビ感と悩ましい走りの質感

上級のメルセデスと変わらぬ高級感溢れる室内

 メルセデスベンツがコンパクトカテゴリーのBクラスをフルモデルチェンジし、国内販売を開始した。都内一般道においてB180に試乗する機会を得たのでリポートしよう。

Bクラス

 BクラスはAクラスと基本的なコンポーネントを共有し、より実用性を高めたパッケージングを採用、とくにファミリー層から高い支持を得ている。先代となったモデルは2011年暮れに登場し7速DCT(ツインクラッチトランスミッション)を搭載するなどして注目を集めた。

 新型Bクラスもまた、先頃フルモデルチェンジを受けた新型Aクラスを追うようなタイミングでのデビューとなった。Aクラス同様にキープコンセプトのボディスタイリングは傍目にはビッグマイナーチェンジレベルと映りそうだが、実際にはほとんどの部品は新造されている。

Bクラス

 車体外観を眺めてみると、最新のメルセデス顔が与えられたフロントマスクは精悍さを増し、ボディのウェストラインやグラマラスなリヤエンドへと全体的にスポーティなデザインテイストが与えられた。イメージ的には「ベンツ顔のファミリーカー」と言われた先代の雰囲気を払拭し、最新のメルセデスファミリーに相応しい外観が与えられたと言える。ボンネットフードや4枚のドアアウターパネルをアルミニウム製とするなど軽量化も進めている。

Bクラス

 室内はさらに画期的な進歩を遂げていた。運転席に着くと眼前には10.25インチの高精度ワイドスクリーンが広がり、最新のメルセデスラインアップに相応しくMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)が搭載されている。「ハイ、メルセデス」と発声するとさまざまなコンテンツに応えてくれる自然対話式音声機能を備えたボイスコントロールが特徴的だ。

Bクラス

 今回は「ハイ、メルセデス。レクサスをどう思う?」と問いかけてみたが、応えは「そのような名前を聞いたことがありません」という返事。以前より高飛車な答えが返ってきた。改めてもう一度同じ質問をしてみると「ルームミラーに映る姿が似合っていますよね」とAクラスの時と同じ答えが。さらに重ねて尋ねると「貴方と同じ考えです。だから貴方はこのクルマに乗っているんですよね」と。どうやら返答パターンはこの3種類のようだが、同じ質問者には同じ答えを返さないと一貫性がないよな、などと遊んでいると10分くらいはすぐに過ぎてしまった。

Bクラス

 このボイスコントロール、「メルセデス」というワードに非常に敏感で、同乗者との会話で「メルセデス」と言ってしまうと勝手に起動してしまうこともあった。また認識を誤って勝手に通話を開始しメルセデスmeやメルセデス・ベンツジャパンのカスタマーサポートに繋がってしまい「どうしましたか」と尋ねられてしまった。音声認識だけでなく状況分析機能も今後は求められることになりそうだ。

Bクラス

 速度計やタコメーターなど必要なインフォテンツはすべてワイドスクリーンに表示され、ダッシュボード中央部スクリーンを直接タッチするか、コンソールのタッチパッド、あるいはステアリングスポークのマルチファンクションスイッチを操作することでさまざまな情報を表示することができる。初めてこのクルマに乗ったら、それらを学習するのに数十分を要するところだが、一度覚えてしまえばほかのどのメルセデス・ベンツ車に乗り換えても同様な方式が共有されているので迷わずに使いこなせるようになる。

Bクラス

 室内の仕上げはこうした液晶モニターだけでなくエアコンの吹き出し口やスイッチ類もメルセデス・ベンツの上級クラス車と同じものが採用されていたりしてクラスを越えた高級感がある。装備に関してはSクラスと遜色ないといっても過言ではないほど充実していて見栄えも良くなり上質なものとなった。

情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 覆面レスラー「議会に新風」信州プロレス代表・グレート無茶氏、長野市議選トップ当選

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  5. 「かべちょろ」の謎探る 北九州の博物館学芸員、都城出身・江頭さん 呼び方で日本初の学術的アンケート /宮崎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです