メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

偉大な初代のおかげでいまではド定番装備! 発表当初にクルマ好きが衝撃を受けた装備7選

情報提供:カートップ

偉大な初代のおかげでいまではド定番装備! 発表当初にクルマ好きが衝撃を受けた装備7選

当時の最先端装備はクルマ好きからも注目の的となった

 クルマというのはどんどん進化しているわけで、装備も新しいものが出て、普及したり定着したり、はたまた消えてしまったりを繰り返している。地味なものもあれば、大いに話題になり、クルマ好きとしては衝撃を受けたものもある。今回は、そんな衝撃の装備を振り返ってみよう。

1)クルーズコントロール

 クルコンなどと呼ばれ、現在は前走車追従機能もプラスされ、自動運転のコア技術となっているが、登場したのは意外に古くて日本車では1964年のクラウンエイトが初。

クルマの装備

 その後、1980年代はホンダ車を皮切りに高級装備として普及したのだが、コンピュータも未熟だし、アクセルはワイヤー式の時代だけに、機能はシンプルで設定速度をひたすら保ってくれるというもの。もちろんセンサーなどはなしだ。

クルマの装備

 つまり前のクルマに追いつくと、ドライバーが自分でブレーキを踏む必要があって、そうすると解除されてしまった。そもそも専用のモニターがあるわけではなく、設定もよくわからないので、付いていても使っていない人も多かった。なんと後付けの社外品もあったのは今思うと驚きだ。

2)4WS

 今また復活の兆しがあるのが4WS。マツダとホンダが開発競争で、どっちが先かを争っていたが、ホンダのプレリュードはクルマそのものもヒットしただけに、4WSへの注目度も高かった。後輪は予想以上に切れてビックリするほどだっただけに、仲間に見せびらかすクルマ好きも多かった。

クルマの装備

3)ウインドディスプレー

 4WS搭載のプレリュードのライバルといえば、S13型のシルビア。デートカーとした大いにヒットしたが、オプション設定だったウインドディスプレーモニター。

クルマの装備

 速度計が窓ガラスのところに映し出されるという、戦闘機チックな感じで話題に。ただし助手席の彼女に自慢しようにも、横から見ると見えないのが難点だった。ただし外から見ると、装着していることがわかるので、装着しているぞアピールはできた。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです