メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

最近クルマのアイドリングストップを嫌う人が急増! 本当にデメリットは多い?

情報提供:カートップ

最近クルマのアイドリングストップを嫌う人が急増! 本当にデメリットは多い?

都市部でも排ガス削減や燃費向上に効果あり!

 インターネットでアイドリングストップについて検索すると、「アイドリングストップ うざい」「アイドリングストップ 無駄」といったフレーズが見つかり、ネガティブな印象を持っている人も少なくないようだ。具体的には、

・車両価格が高くなる
・バッテリーの消耗が早い
・タイミングベルトなどの劣化がすすむ
・アイドリングストップ中にエアコンが効かなくなる

 といったところを、アイドリングストップのデメリットに挙げている人が多い。しかし、どんなもんだろう? バッテリーの消耗が早いというが、アイドリングストップシステム搭載車には、専用バッテリーを使うのが基本。

アイドリングストップ車

 専用バッテリーは大容量でクイックチャージ性能に優れ、長寿命化といった特徴がある。価格は確かに普通のバッテリーより高価だが、寿命そのものは2〜5年と、アイドリングストップシステムがないクルマと大差がないはず。10年10万km乗るとして、交換回数は2回ぐらいで済むはずなので、それほど気にしなくてもいいのでは?

 タイミングベルトなどの部品劣化を気にする人もいるが、これらの交換時期は10万km。これもアイドリングストップの有無にあまり影響されないし、ゴム製のベルトではなくもっと寿命が長いタイミングチェーンのクルマも増えているので、無視していいレベル。

アイドリングストップ車

 エアコンも車種にもよるが、室内の温度が約20度以下のとき、または室内の温度が約30度以上のときは、アイドリングストップにならない=エアコンが効くようになっているので、室内はそれほど不快にならないはず(アイドリングストップ中、エアコンは送風に切り替わる)。

アイドリングストップ車

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです