メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

話題のオフィス=永山悦子

 昨年度、約1万人も見学者が訪れたという話題のオフィスが東京・飯田橋にある。広々としたオープンスペースに約300席が並び、カラフルな椅子やソファはショールームのよう。席は「フリーアドレス」と呼ばれる自由席だ。書類が山積みになっている自分の職場を思い出し、ため息が出た。

 訪れた先は、IT関連企業「NECネッツエスアイ」。ポイントは、あちこちに置かれた大小のディスプレー。別フロアの部署や国内外の支社などと結び、声をかければ、隣にいるかのように話せる。会議も全員が集まる必要はない。遠くの人はディスプレーの前に座るか、各自のパソコンやスマホ経由で参加する。移動時間がなく、結論も早い。資料は電子化されているから書類の山はゼロだ。

 1年後の東京五輪・パラリンピックでの混雑緩和のため、東京都や企業が、在宅勤務などのテレワークや時差…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです