メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
波のまにまに

「魅力的」な争いを=戸田栄

 梅雨が明け、夜空に星が帰ってきた。そして、あらためて眺めたいと待ち望んでいた月も。

 もう50年前のことになるのか。あの日の感動は、今も胸の中にある。1969年7月20日(日本時間21日)、アポロ11号が月面着陸を果たし、ニール・アームストロング船長が月面に人類初の一歩を刻んだ日のことだ。

 私はまだ6歳。暗いごつごつした月面に、未知の宇宙への想像力をかきたてられた。当時は白黒テレビで、月からの映像は不鮮明で時々、乱れていたような記憶がある。それはかえって不思議の世界の印象を強め、ますます宇宙への夢を膨らませた。

 あの頃の子ども向け雑誌だと、自分が大人になる頃には宇宙旅行は誰にでもできるようになっているはずだっ…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文932文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです