メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トーク

桂雀太 第5回上方落語若手噺家グランプリで優勝 ネタ磨き抜き、念願の頂点

落語家の桂雀太=大阪市北区の天満天神繁昌亭で、幾島健太郎撮影

 若手落語家が競い合う「上方落語若手噺家(はなしか)グランプリ」(上方落語協会主催)で、第5代チャンピオンに輝いた。初回から連続で決勝に進出し、毎回優勝候補に名を連ねてきた実力者の“5度目の正直”。長かった挑戦を「このコンテストに成長さしてもらった」と振り返る。

 先月24日、大丸心斎橋劇場(大阪市中央区)で行われた決勝戦。出囃子(でばやし)に乗って舞台下手から登場した桂雀太は、中央の高座をいったん通り過ぎ、きょろきょろと客席の方を見回した。意表を突く演出に会場がざわつく中、高座へ。

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1006文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです