メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柴崎遺跡

横手で説明会 「官」関係する集落か /秋田

柴崎遺跡で説明を受ける考古学ファンたち=秋田県横手市で

 横手市教委は27日、発掘調査を進めている同市赤坂の「柴崎遺跡」の現地説明会をした。炎天の下、考古学ファン約50人は担当者から熱心に発掘成果を聞いた。

 JR横手駅から西約1・8キロにある柴崎遺跡は平安時代前期(9世紀)を主要な時代に、縄文・弥生から近現代まで利用された複合遺跡。江戸時代後期の紀行家、菅江真澄著の「雪の出羽路」には2軒の家があったと記されている。

 農地の基盤整備事業に伴い、県が水田を改修していて見つかった。調査面積は約4000平方メートル。調査…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文573文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです