メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万祝

漁師の伝統的晴れ着、千葉大生がグッズ商品化 箸袋、クリアファイルなどにデザイン 館山市立博物館で販売 /千葉

千葉大が開発した「万祝グッズ」

 大漁祝の引き出物として房総の漁師に配られたとされ、「漁師の晴れ着」ともいわれる「万祝(まいわい)」を千葉大の学生が「箸袋」や「クリアファイル」、「サコッシュ(布製肩下げ袋)」のデザインに取り入れ、商品化した。館山市立博物館で販売する一方、同市のふるさと納税の返礼品として活用されることになった。

 デザインの原形となったのは、同市立博物館所蔵…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  5. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです