メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にいがた人模様

「ジオパーク」生みの親 宮島宏さん /新潟

「翡翠ってなんだろう2019」を手にする宮島さん=新潟県糸魚川市のフォッサマグナミュージアムで

「地域おこし」掲げ、地質学から金融へ 宮島宏さん(62)

 糸魚川市の石の博物館「フォッサマグナミュージアム」の元・名物館長で「ジオパーク」という言葉の生みの親でもある。今年、糸魚川信用組合の非常勤職員になった。意外な転身だが「ベクトルは同じ」と話す。

 同ミュージアム開設のため学芸員に採用され、1991年に糸魚川に移住。現館長の竹之内耕さんと、展示・構成を検討し、展示品・文献などをゼロから収集した。

 都立の特別支援学校で教えた経験から、スロープを取り付けたり、ユニバーサルデザインの採用や障害者の入…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1330文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです