メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

継続は力なり

わかやま100年企業の挑戦 シガ木工 時代に即した紀州箪笥 技術、創意工夫で守る /和歌山

製造中の箪笥の出来を確認するシガ木工の志賀啓二社長=和歌山市延時の同社で、目野創撮影

 1987年に国の伝統的工芸品の指定を受けた「紀州箪笥(たんす)」。江戸時代から和歌山で製作が始まったとされ、今でも高級家具として全国で高い知名度を誇る。5人の伝統工芸士を抱えるシガ木工(和歌山市)は、妥協を許さずに高品質を守りながらも、時代に即した商品開発に挑戦し続けている。

 箪笥作りは桐(きり)の性質を知り尽くした職人が手作業で行う。桐材を水槽に浸けてあくを抜き、天日で乾燥。木くぎを使い板に台形の凸凹を付けて組み合わせる蟻(あり)組みで接合して仕上げる。桐は湿気が多い時には水分を吸収するため、衣類の収納に適している。また、火災にも強く、「身を焼いて中身を救う」とも言われる。

 箪笥作りの最盛期は大正時代で、当時は大規模の工場も建ち並んだ。鉄道輸送網の発達とともに他府県への出…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1228文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  4. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  5. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです