メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

県無形文化財・田中正輝の「蒔絵」の茶器や皿10点、9月8日まで県立博物館 /鳥取

田中正輝の作品について説明する橋谷田岩男さん=鳥取市東町2の県立博物館で、園部仁史撮影

 伝統工芸「蒔絵(まきえ)」の県無形文化財保持者として活動した、鳥取市出身の田中正輝(1919~2008)の作品展が同市東町2の県立博物館で開かれている。9月8日まで。

 蒔絵は、漆器の上に金粉などで絵模様を描く伝統工芸。田中は専用の道具を使用して数ミリ単位で模様を表現する高い技術が評価を受け、05年…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文309文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです