メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

西日本豪雨1年 大きな役割、住民期待 浸水から復旧、船木コミセン完成式 三原 /広島

畳が新調された1階和室=広島県三原市船木コミュニティセンターで、渕脇直樹撮影

 西日本豪雨で浸水した三原市船木コミュニティセンター(同市本郷町船木)の復旧工事が完了し、28日に完成式があった。8月1日から地元住民の生涯学習の場として再び活用される。

 旧船木小に隣接するセンターは鉄筋コンクリート2階建て、延べ約1921平方メートル。和室やホール、調理室などがある。昨年7月の西日…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです