第101回全国高校野球

香川大会 高松商、サヨナラで夢切符 23年ぶり20回目 /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
サヨナラ勝ちで優勝を決めて喜ぶ高松商の選手ら=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影
サヨナラ勝ちで優勝を決めて喜ぶ高松商の選手ら=高松市生島町のレクザムスタジアムで、潟見雄大撮影

 第101回全国高校野球選手権香川大会(県高野連など主催)は28日、高松市生島町のレクザムスタジアムで決勝があり、高松商が23年ぶり20回目の夏の甲子園出場を決めた。試合は両校エースの投手戦となり、終盤までもつれる接戦となったが、高松商がサヨナラ勝ちで制した。英明は8年ぶりの夏の甲子園出場を逃した。高松商は今春のセンバツにも出場しており、県勢の春夏連続出場は2002年の尽誠学園以来17年ぶり。全国大会は8月6日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。【山口桂子、潟見雄大】

この記事は有料記事です。

残り898文字(全文1137文字)

あわせて読みたい