メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

新聞を広げて /愛媛

 先日、松山市来住町の市立久米中学で、2年生約290人を相手に、新聞づくりについて講演をしました。新聞づくりの基本的な知識などについて話しましたが、こういう機会があると、改めて新聞づくりの基本について考えたり、昔の取材のエピソードを思い出したりするので、私にとってもいい経験になりました。

 講演では、一般的に記事を書く際の基本として、第1段落(前文)部分に記事の要約を書くことなどを説明しました。大事なことを先に書き、あとはそれを順次補足・説明しながら書いていきます。学校で習う起承転結の作文とは形式が違います。生徒たちに話しているうちに、記者になりたてのころ、原稿が下手で、「お前の原稿には前文がない」と上司から原稿を突き返されたことを思い出しました。もっと荒っぽい言い方でしたけど……。

 写真の撮り方については、撮る角度を工夫することなどについて話しました。高い場所から撮影したり、かがんで低い目線で撮影したり、現場で臨機応変に対応することが大切です。スポーツ取材でも写真を撮ります。なかでも、今まさに開催中ですが、夏の高校野球の地方大会には苦い思い出があります。当時はデジタルカメラではなく、白黒フィルムで撮影して、支局に戻り暗室に入って自分で現像していました。確か1日4試合あった際…

この記事は有料記事です。

残り530文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 桜を見る会 地元で幅広い募集 麻生氏の首相時代は?「あ、り、ま、せ、ん」予算委答弁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです