メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

鹿児島・さつま揚げ 日本遺産認定の深い味 /鹿児島

自らがモデルとなった観光ポスターを持つ寺田屋の寺田成弘さん(左)とつけ揚げを手にする加世さん

 鹿児島県の郷土料理、つけ揚げ(さつま揚げ)が今年、文化庁の日本遺産に登録された。県内9市に残る武家屋敷群「薩摩の武士が生きた町」に絡み、「明治維新を成し遂げた薩摩の武士もつけ揚げを肴(さかな)にダレヤメ(焼酎での晩酌)をした」と構成文化財の一つと評価された。食い気なら負けない記者が食べ歩き、「やめられない止まらない」味の秘訣(ひけつ)に迫った。

 「串木野以北で作るつけ揚げは豆腐をたくさん使い、柔らかくて甘みが強い」。同県いちき串木野市新生町の…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1178文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです