メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

総務省の調査によると、会社や学校までの通勤・通学時間は…

[PR]

 総務省の調査によると、会社や学校までの通勤・通学時間は首都圏が一番長く平日平均で1時間半を超え、なかでも神奈川県は1時間45分にもなるそうだ。周りを見れば、片道1時間を超える人も珍しくはないから、さして驚きはないかもしれない▲ただ、月に20日電車を使って通勤すると仮定した場合、1年のうち半月以上も電車の中で過ごすことになる。そう聞けば、どうだろう。40年間通勤を続けるとすれば、1年と8カ月以上も「電車住まい」をしているような計算になる。一方で、小旅行のような気分で通勤できるはずもなく、相変わらずの「通勤」ならぬ「痛勤」ラッシュの毎日である▲時差出勤や在宅勤務などのテレワークの大規模な実験が官民が参加して9月まで行われている。こちらは痛勤への怨嗟(えんさ)の声がだれかに聞き届けられたわけではなく、2020年東京五輪・パラリンピックに向けた混雑緩和が目的である▲実施初日には、出勤者がまばらでガランとした都庁内の写真が本紙に掲載され目を引いた。「子どもとゆっくり朝食をとることができた」「(近くの)サテライトオフィスまでの出勤なので、通勤時間が短く済んだ」など、評価する声が多いようだ▲実験には、大会後のテレワークの本格的な普及につなげる思惑もあるのだという。そうなれば、五輪のレガシーにもなるだろう▲長時間の電車住まいから日本の会社員を解放するという話になるなら、五輪の市民参加の輪ももっと広がっていくのではないか。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 行方不明者捜索中に「逃走」の警察犬クレバ 兵庫県警捜査員が無事保護

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  5. 漫画で解説 JAL再上場の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです