メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「あなたと知り合う前に相手にセックスの経験があったかどうか尋ねたことがありますか」と聞くと、決まって「そんなこと聞けないし、知りたくもない!」と返ってきます。今回は、相手を知る、自分を語ることが性感染症予防の近道だというお話です。

 「異性間性交におけるHIV(エイズウイルス)感染率」というデータがあります。「コンドームなし」でセックスした場合のHIV感染率を1とすると、「時々使用」が0・5、「常に使用」だと0・2。エイズ予防にはコンドームが有効だとはいえ、常に使用したとしても完璧だとはいえません。破れることも外れることもあるからです。性感染症に感染していない相手とのセックスでHIVに感染する危険性を1とすると、梅毒・ヘルペスに感染している相手とでは2・5倍、いぼができる尖圭(せんけい)コンジローマでは11・4倍に跳ね上がります。性器に潰瘍ができるとHIVに感染しやす…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  2. 最期の別れに親戚も呼べないなんて…新型コロナで葬儀縮小、会食中止 棺不足も

  3. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  4. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです