メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「あなたと知り合う前に相手にセックスの経験があったかどうか尋ねたことがありますか」と聞くと、決まって「そんなこと聞けないし、知りたくもない!」と返ってきます。今回は、相手を知る、自分を語ることが性感染症予防の近道だというお話です。

 「異性間性交におけるHIV(エイズウイルス)感染率」というデータがあります。「コンドームなし」でセックスした場合のHIV感染率を1とすると、「時々使用」が0・5、「常に使用」だと0・2。エイズ予防にはコンドームが有効だとはいえ、常に使用したとしても完璧だとはいえません。破れることも外れることもあるからです。性感染症に感染していない相手とのセックスでHIVに感染する危険性を1とすると、梅毒・ヘルペスに感染している相手とでは2・5倍、いぼができる尖圭(せんけい)コンジローマでは11・4倍に跳ね上がります。性器に潰瘍ができるとHIVに感染しやす…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです