メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

黒武御神火御殿-三島屋変調百物語六之続

/351 第四話 黒武御神火御殿=宮部みゆき 題字・絵 藤枝リュウジ

「売れてしまったんですか」

「はい。いいお客様がつきまして」

 店主の出してくれた円座に腰掛け、庇(ひさし)を打つ梅雨(つゆ)の忍びやかな雨音を背中に、富次郎はその話を聞いた。

「ああいう絵を喜んで買ってくださる方は好事家に決まっておりますが、それにしても珍しく面白いお方でした」

 商家の隠居だというその客は、若いころから幽霊画ばかりを集めてきた、と言った。家の奥の一間に買い入れたものをずらりと並べて掛け、もちろん掛けきれないから、ときどき入れ換える。

「その幽霊画が、やかましく喧嘩(けんか)するんだそうですよ」

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです