メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 素材いいとこどり

新しいタイプの鹿児島ラーメンとなるか。サカノウエ ユニークのラーメン=山田祐一郎さん提供

 ご当地ラーメンには、各地域で育まれてきた独自の個性がある。ご当地ならではの味わい。それを本場で食べるという体験は、ぼくにとっては最高にぜいたくであり、その感動もひとしおだ。

 鹿児島県のグルメやイベント情報を紹介するウェブサイト「かごぶら」で、今春から鹿児島ラーメンの連載がスタートした。ところで「鹿児島ラーメン」とは、どのようなラーメンだろうか。ぼくはずっと老舗「ざぼんラーメン」で提供されているような一杯だと思っていた。豚骨や鶏ガラでとった半濁したスープにやや太めの麺を合わせ、キャベツやモヤシ、揚げネギなどの野菜を盛り付けたビジュアル。これが基本形だと信じて疑っていなかった。実際、鹿児島ではこのようなラーメンを出している店が多い。

 ところが、せっかくの機会だから開業から日が浅いニューフェースも取り上げようと調べると、このような王…

この記事は有料記事です。

残り741文字(全文1110文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

  4. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  5. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです