メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 瀬戸、宣言通り2冠

男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸=宮武祐希撮影

 水泳の世界選手権最終日は28日、韓国・光州で行われ、男子400メートル個人メドレー決勝で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で2大会ぶり3回目の金メダルに輝いた。男子200メートル個人メドレーに続き、20年東京五輪代表に内定した。2冠は03年の北島康介以来となり、通算の金メダル数は4個で日本勢単独最多。今大会のメダルは男子200メートルバタフライの銀を含め計3個で、日本勢最多に並んだ。

 女子400メートル個人メドレー決勝で23歳の大橋悠依(イトマン東進)が4分32秒33で銅メダルを獲…

この記事は有料記事です。

残り1814文字(全文2077文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  3. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 連休なのに…千葉の観光地悲鳴「アクセス復旧を」 シーワールドは早々に再開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです