メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 瀬戸、宣言通り2冠

男子400メートル個人メドレー決勝を制した瀬戸=宮武祐希撮影

 水泳の世界選手権最終日は28日、韓国・光州で行われ、男子400メートル個人メドレー決勝で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの瀬戸大也(ANA)が4分8秒95で2大会ぶり3回目の金メダルに輝いた。男子200メートル個人メドレーに続き、20年東京五輪代表に内定した。2冠は03年の北島康介以来となり、通算の金メダル数は4個で日本勢単独最多。今大会のメダルは男子200メートルバタフライの銀を含め計3個で、日本勢最多に並んだ。

 女子400メートル個人メドレー決勝で23歳の大橋悠依(イトマン東進)が4分32秒33で銅メダルを獲得した。

この記事は有料記事です。

残り1810文字(全文2077文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです