メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伝えたい東京へ

限界挑む競技者に共鳴 ドラマで人見絹枝役・菅原小春さん(27)

菅原小春さん=喜屋武真之介撮影

 NHK大河ドラマ「いだてん」で、日本女性初の五輪選手、人見絹枝を演じた菅原小春さん(27)は世界を舞台に活躍するダンサーだ。「心を燃やし、魂を込めた」と女優デビュー作を振り返り、人見が女子スポーツ選手の道を切り開いた五輪への思いを語った。【聞き手・仁瓶和弥】

 <人見は1928年アムステルダム五輪で陸上に出場した。当時は女性が走ることに偏見があった。菅原さんは逆境の中で世界に挑戦した姿に自らの人生を重ねる>

 絹枝さんは、すごい中傷や批判を受けても「私が」という気持ちで体一つで海外に挑戦し、全力で走りきった。私も他の人と組んでダンスを踊る際、「後ろ下がって」とか「ちょっと抑えて踊って」と言われ、窮屈に感じることがありました。でも、海外に行くと、何の制約もなく、自由に表現できました。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1372文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです