メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

核合意逸脱 英仏独、中止を要請 イランは不満表明

 イランによる核合意の逸脱行為から初となるイランと核合意当事国(英仏独中露)による高官レベルの協議が28日、ウィーンで開かれた。核合意やホルムズ海峡を巡る米・イラン関係の緊張を緩和するため、英仏独はイランの逸脱行為を黙認して制裁を見送る一方、イランに逸脱行為の中止を要請した。一方、イランは欧州の対応に不満を表明。各国はイランを支援する具体策を協議するため、近く閣僚級会合を開催することで合意した。

 イランのアラグチ外務次官は会合後、当事国同士で非難し合う場面はあったものの、核合意を守るために「建…

この記事は有料記事です。

残り657文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 中国「独身の日」セール アリババが4兆円を突破

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです