メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

グーグルロゴに杉原千畝 7月29日限定「命のビザ」発給決断たたえ

グーグルの検索トップ画面。杉原千畝をデザインしたロゴになっている。

 米IT大手グーグルは29日、検索画面トップのロゴマークに日本の外交官、杉原千畝(1900~86年)をあしらった1日限定の記念デザインを採用した。この日は、40年にリトアニアで領事をしていた杉原が本国の方針に反してユダヤ難民に日本通過ビザの大量発給を決断した日とされ、ナチスドイツの迫害から多くのユダヤ人を救った杉原の行為をたたえたものだ。

 グーグル本社が作成した今回の記念ロゴは、見開きのパスポートに杉原の顔が描かれたデザインで、「Google」の文字の部分がビザのスタンプ風になっている。また人の形が多く描かれ、杉原が出した「命のビザ」で救われた数千人のユダヤ人を表現している。

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 自衛隊から不満の声 出口なき中東派遣 「なし崩しの延長」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです