特集

九州・山口経済

九州・山口の経済ニュースを伝えます。

特集一覧

博多-釜山、新高速船が20年7月就航 水戸岡さんデザイン 年間20万人の利用目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型高速船「クイーンビートル」の船体イメージ=JR九州高速船提供
新型高速船「クイーンビートル」の船体イメージ=JR九州高速船提供

 JR九州高速船(福岡市)は29日、博多―韓国・釜山を結ぶ新型高速船「クイーンビートル」の就航日が2020年7月15日に決定したと発表した。現在運航している高速船「ビートル」の3隻のうち1隻を入れ替える。ゆったりとくつろげる座席が特徴で、就航1年間で20万人の利用を目指す。

 新型高速船は、旅客定員502人(ビジネスクラス120人、スタンダードクラス382人)。外観はJR九州のコーポレートカラーである赤を基調としている。建造費は約55億円。運航速度は現行のビートルより落ちるため、所要時間は現行の3時間5分から3時間…

この記事は有料記事です。

残り390文字(全文649文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集