メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「差別、放置できない」朝鮮学校補助金停止反対声明に懲戒請求 北海道の3弁護士、52人提訴へ

池田賢太弁護士らに届いた懲戒請求書=札幌市北区で2019年7月26日午前6時43分、源馬のぞみ撮影

 朝鮮学校への補助金停止に反対する声明を出した全国の弁護士会に、大量の懲戒請求が出された問題で、懲戒請求を送られた札幌弁護士会所属の弁護士3人が道内の請求者52人を相手取り、損害賠償を求め、8月中にも札幌地裁に提訴する。弁護士たちは「差別を放置できない」と提訴の意義を話す。【源馬のぞみ】

札幌弁護士会には960通

 文部科学省が2016年3月、各都道府県に対し朝鮮学校への事実上の補助金見直しを求める通達を出したことをきっかけに、補助金を打ち切る自治体が相次いだ。

 これに対し、日弁連は16年7月、「朝鮮学校に通う子どもたちの学習権の侵害にあたり、差別的取り扱いに…

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1625文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです