連載

終わらない氷河期~今を生き抜く

かつて「就職氷河期」(おおむね1993年~2004年卒)で足止めをくらい、希望を奪われた人たちは現在、30代半ばから40代後半。今も多くが非正規の仕事を繰り返すなど、苦悩を抱え、生き抜いている。

連載一覧

終わらない氷河期~今を生き抜く

生活保護のシングル女性、結婚もあきらめ 「何をしたいという希望もない」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 バブル経済崩壊後、企業が大幅に採用を手控えた「就職氷河期」(おおむね1993~2004年)。当時、多くの若者が社会人への玄関口で足止めをくらい、将来への希望を奪われた。彼らは現在、30代半ばから40代後半。今も多くの人が、非正規の仕事を繰り返したり、ひきこもりを経験したりするなどし、苦悩を抱えながら生き抜いている。第1回は、非正規雇用を繰り返し、今は仙台市内で生活保護を受けながら、仕事探しを続けるシングル女性の人生をたどる。

この記事は有料記事です。

残り3476文字(全文3691文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集