メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

終わらない氷河期~今を生き抜く

パワハラ、雇い止め…今は農家でアルバイト 「人と接する仕事はもうしたくない」

 「仕事に集中できなくて涙がでてくる とても落ち込む」「体調不良 はきけ 頭痛」「ムカツクと言われた(○○所長)」「帰社時、あいさつないと○○に怒られる」「つらい、報われない」……。

 B5判のノートにつづられた文字の一つ一つに、水野ヒロコさん(48)=仮名=が長年、この社会で被ってきた痛みと悲しみが彫り込まれていた。

 7月初旬、北アルプスのふもと、長野県松本市。ノートを抱えてJR松本駅に現れた水野さん、あくまでも元気そうだった。

この記事は有料記事です。

残り4101文字(全文4317文字)

吉井理記

1975年東京生まれ。西日本新聞社を経て2004年入社。憲法・平和問題、永田町の小ネタ、政治家と思想、東京の酒場に関心があります。会社では上司に、家では妻と娘と猫にしかられる毎日を、ビールとミステリ、落語、モダンジャズで癒やしています。ジャズは20代のころ「ジャズに詳しい男はモテる」と耳に挟み、聞き始めました。ジャズには少し詳しくなりましたが、モテませんでした。記者なのに人見知り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府のウィズコロナ「間違っている」? 疫学専門医師が訴える「ゼロコロナ戦略」とは

  2. 北朝鮮の元クウェート大使代理が韓国に亡命 妻子も同行「子どもにより良い未来を」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです