令和になっても「金鳥」の夏 蚊取り線香作り最盛期 和歌山・有田

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 本格的な夏を迎え、「金鳥」ブランドで知られる大日本除虫菊紀州工場(和歌山県有田市)で、渦巻き型の蚊取り線香の出荷が続いている。

 同工場では、12種類の線香を1日約20万巻生産。除虫菊やタブノキなど約10種類の植物性原料を混ぜて板状にする。渦巻き状の刃型で打ち抜いた後、干し網の上に1~2日並べて乾燥…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

あわせて読みたい

注目の特集