文化継承など方針案決定 アイヌ政策推進本部「民族誇り持てる社会を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年のオープンに向け、建設が進む国立アイヌ民族博物館。アイヌ文化の振興拠点・民族共生象徴空間の中核施設となる=北海道白老町で2019年3月27日、福島英博撮影
2020年のオープンに向け、建設が進む国立アイヌ民族博物館。アイヌ文化の振興拠点・民族共生象徴空間の中核施設となる=北海道白老町で2019年3月27日、福島英博撮影

 政府の「アイヌ政策推進本部」(本部長・菅義偉官房長官)の初会合が29日、首相官邸で開かれ、アイヌ文化の継承や観光振興を推進する基本方針案を決定した。市民らから意見を聞く「パブリックコメント」を経て8月に閣議決定する。

 アイヌの独自文化を守るため、サケ漁や樹木伐採などについて法令上の特例措置を設ける…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集