メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

今見ると笑える!? 当時は超最先端だったハイソカーに搭載された装備9選

情報提供:カートップ

今見ると笑える!? 当時は超最先端だったハイソカーに搭載された装備9選

当時は誰もがハイソカーの先進装備に憧れた

 ソアラや白いマークIIなど、1980年代半ばに勃興したハイソカーブーム。あか抜けたデザインやそれまでのセダンやサルーンになかったクリーンなイメージなど、人気の理由はさまざまあるが、そのひとつが先進的な装備が採用されていたことだろう。

 バブルに向かってまっしぐらの時代だけに、開発予算もふんだんに投入され、日本初だけでなく、世界初の技術もたくさん誕生した。マイコンが搭載されたのもこの時代だ。今回は、ハイソカーに採用された先進技術を紹介しよう。

1)デジタルメーター

 なにはなくともソアラに採用されて驚いたのがこちら。数字で表示される速度はもちろん、バーが伸びていくタコメーカーにも先進を感じたものだ。ただ液晶といっても今のようにグラフィカルではなく、緑色などに発光する程度だった。それでも当時は最先端だったのだ。

ハイソカー

2)スペースビジョンメーター

 デジダルメーターを継承しながら、奥行きのある宇宙感をプラスしたのがこちら。さらに先進性がアップした。

ハイソカー

3)TCCS

 初代ソアラに搭載されたTCCSとはトヨタ・コンピュータ・コントロールド・システムの略でエンジン統合制御システム。1980年代はマイコンという言葉が登場し、コンピュータ制御が始まった時代でもあった。ただし、スペックは今では考えられないほど低かった。

ハイソカー

4)TEMS

 こちらもトヨタの技術だが、TEMSとは電子制御サスペンションのことで、今では当たり前ように装備されているが、路面状況に合わせて減衰力を自動で調整するというもの。今見ると制御はち密ではなかったが、付いているだけでも十分だった。

ハイソカー

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです