メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ようこそ東北!ホストタウン

ラグビーW杯・東京五輪パラリンピック/5 宮城・蔵王 パラオ 引き揚げ者が懸け橋に

事前合宿で日本人選手から指導を受けるパラオのアーチェリー選手(右)=宮城県蔵王町で、升谷志摩撮影

 白銀にそびえる蔵王山のふもとに、一面、緑の牧場が広がる宮城県蔵王町北原尾(きたはらお)地区。太平洋戦争後の1946年、太平洋に浮かぶパラオ諸島から引き揚げた日本人が入植し、「北のパラオ」と名付けた土地だ。故郷を思う入植者たちの尽力によって、蔵王町はパラオの五輪ホストタウンとなった。

 「冬は蔵王山から『蔵王おろし』が吹き付ける。とにかく寒かった」。北原尾に住む工藤静雄さん(77)は入植時を思い出す。パラオの現在の首都・マルキョクで生まれ、終戦とともに4歳のときに引き揚げた。以来、70年以上にわたってこの地で暮らす。

 パラオは1914年から日本が統治し、多数の日本人が移住した。しかし、日本が第二次世界大戦で敗れると、米国の統治下に入り、多くの日本人は帰国して各地を開拓した。その一つが北原尾地区だ。

この記事は有料記事です。

残り1177文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、新たに130人以上感染 累計1000人超え 新型コロナ

  2. 緊急事態宣言「非常に切迫」 西村経済再生相、東京の118人感染判明受け

  3. 「要請」なのに罰則? ドイツから帰国した研究者が日本の「水際対策」に感じた違和感

  4. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  5. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです