メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国定・三条市長

当面辞職せず 自民県連幹部に意向 /新潟

 自民党の衆院新潟4区の候補者に内定した国定勇人・三条市長(46)が29日、新潟市中央区の同党県連で幹部らと面会し、自身が昨年10月に再選したばかりのため「公約に一定のめどがつくまで市政運営に当たる」と述べ、当面は市長職にとどまる意向を示した。

 面会は非公開。国定氏は終了後に報道陣の取材に応じ「市政に無用の混乱を与えることは回避する」…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文421文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  2. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  5. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです