メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島平和記念式典

「当たり前に食事 幸せ」 派遣される10中学の代表が事前学習 伊賀 /三重

折り鶴を手にする広島に派遣される中学生たち=三重県伊賀市役所で、大西康裕撮影

 広島市の平和記念式典(8月6日)に参加する伊賀市立10中学の代表10人の事前学習会がこのほど、伊賀市役所であり、このうち9人が出席した。生徒は各校の生徒や市民が折った折り鶴を託されて広島を訪れる。

 式典参加は伊賀市が毎年行う「伊賀市非核平和推進中学生広島派遣事業」。学習会では被爆した女子学生をアニメと実写で描いたDVDを鑑賞した。

 霊峰中の澤村すずさん(15)は約1年前、広島・呉の戦時下の暮らしや空襲を描いた漫画「この世界の片隅に」を読んで関心を深め、参加したいと思ったという。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです