メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

被災地の子ら、今夏も保養キャンプ のびのび湖水浴や勉強 福島などの小中高生43人 高島 /滋賀

琵琶湖で水遊びを楽しみ笑顔を見せる被災地の子ら=滋賀県高島市マキノ町の知内浜で、塚原和俊撮影

 東日本大震災の被災地の子らに湖国で心身をリフレッシュしてもらう保養キャンプ「びわこ☆1・2・3キャンプ」が今夏も高島市で始まり、福島県を中心に小学生から高校生まで計43人が滞在している。25日はこのうち男子13人が同市の知内浜で湖水浴を楽しみ、笑顔を見せた。

 支援ボランティアでつくる実行委=藤本真生子代表(62)=が主催し、19回目。子供たちは同市マキノ町にある私立校の施設で寝食を共にしな…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです