メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

「究極」下ろし金でグッドデザイン賞 新家崇元さん 職人魂で伝統に新風 /和歌山

「究極」のおろし金でグッドデザイン賞を受賞した新家崇元さん=松野和生撮影

新家崇元(しんけ・たかゆき)さん(55)

 一目ずつ丹精込めて打ち出した「究極」の下ろし金が、2018年度「グッドデザイン賞」に選ばれた。技、形、機能美を備え、古来の調理器具に新風を吹き込む逸品だ。地元への愛着を込めた屋号「紀州新家」を掲げ、橋本市向副(むかそい)の自宅工房で製作に打ち込む。

 江戸時代に著された図解の博物誌にも見られる下ろし金は、包丁と共に日本料理の文化を担ってきた。「しかし、形は今日まで変わらない。下ろし金を探究して伝統工芸の域までその価値を高めたいと思った」

 下ろし金の手打ち職人がいると知ったのは受賞前年の春。一目で製品に魅了されたその翌日、関西にいる職人…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文975文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです