メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

「究極」下ろし金でグッドデザイン賞 新家崇元さん 職人魂で伝統に新風 /和歌山

「究極」のおろし金でグッドデザイン賞を受賞した新家崇元さん=松野和生撮影

新家崇元(しんけ・たかゆき)さん(55)

 一目ずつ丹精込めて打ち出した「究極」の下ろし金が、2018年度「グッドデザイン賞」に選ばれた。技、形、機能美を備え、古来の調理器具に新風を吹き込む逸品だ。地元への愛着を込めた屋号「紀州新家」を掲げ、橋本市向副(むかそい)の自宅工房で製作に打ち込む。

 江戸時代に著された図解の博物誌にも見られる下ろし金は、包丁と共に日本料理の文化を担ってきた。「しかし、形は今日まで変わらない。下ろし金を探究して伝統工芸の域までその価値を高めたいと思った」

 下ろし金の手打ち職人がいると知ったのは受賞前年の春。一目で製品に魅了されたその翌日、関西にいる職人…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文975文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです