メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

飛翔体発射 弾道ミサイル断定 米「容認」に警戒感/日本「国防の脅威」

 岩屋毅防衛相は今月25日に北朝鮮が発射した飛翔(ひしょう)体を「短距離弾道ミサイル」と断定し「国防への脅威」と危機感を示した。だが、トランプ米大統領は「問題視しない」と述べており、日米の温度差は否定できない。

 岩屋氏は29日の記者会見で「北朝鮮は我が国全土を射程に含むミサイルを配備している。それに加えて能力向上が図られ、脅威は高まっている」と語った。韓国政府は25日、今回のミサイルを「新型短距離弾道ミサイル」と発表し、高度約50キロ、飛距…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  2. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  5. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです