メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

萩生田・自民幹事長代行

発言に波紋広がる 「有力な方を議長に改憲シフト」 与党懸念「憲法審止まる」

憲法改正を巡る安倍晋三首相の側近の発言

 自民党の萩生田光一幹事長代行が、憲法改正議論を巡り、大島理森衆院議長の交代の可能性に言及したことが波紋を広げている。安倍晋三首相は参院選の結果を受け、改憲議論の推進に意欲を示しているが、首相側近の萩生田氏の発言に野党は反発しており、与党内からは衆参両院の憲法審査会の議論への影響を懸念する声も上がっている。【遠藤修平、野間口陽】

 自民党の閣僚経験者は、発言の影響を懸念する。「国会への介入だ。この発言で憲法審は止まり、改憲は遠の…

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1118文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです