メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブレグジット考

これは地方の反乱だ 欧州懐疑論、以前から根強く デビッド・オーウェン元外相

EU問題を巡る英政界の議論の歴史について語るデビッド・オーウェン元外相=ロンドンで2019年7月3日、服部正法撮影

 <欧州連合(EU)からの離脱を選択した国民投票(2016年)以降、離脱を巡って英議会は紛糾してきたが、実は加盟の際にも混乱が起きていた。1938年生まれのデビッド・オーウェン氏は、労働党キャラハン政権(76~79年)で外相を務めた。当初EU加盟賛成派で、現在離脱派のオーウェン氏の回想からは、EU問題が英政界にとって一貫して難問だったことが分かる>

 ◆保守党のマクミラン首相が共同市場(欧州経済共同体、EEC)への参加意向を表明したのに対し、62年…

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1745文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです