メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

1カ月 ファーウェイ禁輸、緩和見通せず きょうから通商協議

ファーウェイを巡る経緯

 6月29日の米中首脳会談で、トランプ米大統領が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米国製品の禁輸措置緩和を表明してから1カ月がたった。トランプ政権は、安全保障上の懸念がない製品に限って輸出許可手続きを始めているが、米議会や保守層の反発が強まっており、実際にどこまで緩和されるかは見通せない。ファーウェイを巡る問題は、米中が30日から中国・上海で開く閣僚級の通商協議でも引き続き議題となりそうだ。【中井正裕(ワシントン)、宇都宮裕一】

 トランプ氏は、22日にホワイトハウスで米IT大手首脳と会合を開催。会合では出席したグーグル幹部らか…

この記事は有料記事です。

残り1206文字(全文1480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです