メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済見通し

19年度 0.9%成長に下方修正 輸出落ち込み

 政府は29日、経済財政諮問会議を開き、内閣府による経済見通しを示した。2019年度の実質国内総生産(GDP)成長率はプラス0・9%と、1月に示した1・3%から0・4ポイント下方修正した。米中貿易摩擦などを背景とする中国経済減速の影響で、日本の輸出が落ち込んでいる状況を織り込んだ。

 今回初めて示した20年度の予測はプラス1・2%と回復を見込んだ。個人消費が伸び、海外経済の回復で輸出も改善するシナリオだが、19、20年度とも0・5%成長とする民間予測の平均値とは隔たりが大きく、…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです