メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

総合商社

アフリカともす 自家用太陽光発電、参画次々 スマホ決済後押し

 日本の総合商社が、アフリカ農村部の無電化地域で、小型の自家用太陽光発電「ソーラーホームシステム(SHS)」の販売事業に相次いで参画している。スマートフォンが急速に普及し、スマホ決済による確実な資金回収が参入を後押しした。中国や欧州勢が先行するアフリカで、新たなビジネス展開の足がかりにする狙いもある。

 丸紅は5月、英国のアズーリ・テクノロジーズに約20億円を出資し、ケニアなどでSHSの販売に乗り出す…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文667文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS “エヴァ芸人”桜 稲垣早希、妊娠を報告「食べつわりでした」

  2. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  3. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  4. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです