メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

6月にジュネーブで開かれたILO総会

 国際労働機関(ILO)が6月、職場でのあらゆる暴力とハラスメントを各国の法律で禁止することを義務付ける条約を採択した。人の尊厳を踏みにじる卑劣な行為に、世界が一斉にNOを突き付けた形だ。スイス・ジュネーブで開かれた討議の内容を報告する。

 ●ILOが条約採択

 「時に難航し、時に張り詰め、感情的にもなった。だが常に品位を保ち、前向きな議論ができた」。本会議で報告した中南米バルバドスの労働担当閣僚、コリン・ジョーダン氏は、300超の修正案が各国から出された専門委員会での討議をこう振り返った。

 ILOは今年が創設100周年。働く人々や働き方の多様化が進む中、新たに生まれた世界的課題がハラスメ…

この記事は有料記事です。

残り978文字(全文1274文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 韓国野党代表、頭丸めて法相罷免要求 2女性議員に次ぎ3人目

  4. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  5. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです